初心者にお勧め、スイスチャードの育て方

レモンです。

まだまだ寒い日は続きますが、春に向けて初心者の方にお勧めの家庭菜園の野菜等を紹介します。

温かくなったらすぐに始められるように少しづつ準備しておくのもよいと思います。記事を書きながら今回の「スイスチャード(ふだんそう)」久し振りに育ててみようと思いました。

初心者でも育てやすく簡単で短時間で収穫できる野菜はたくさんあります。


プランター家庭菜園、初心者でも気軽にできる「小さな畑」にお勧めの野菜、植物を紹介します。

今回、初心者の方にお勧めしたいのが スイスチャード(ふだんそう) です。

暑さ寒さに強く、真冬を除けば年栽培可能となっています。

準備するもの(用具とスイスチャードの種)


スイスチャード と聞くと「イタリアン野菜?初心者には難しそう、、」なんて思わないでください。ほぼ1年中栽培できる野菜として初心者にはお勧めです。なにより茎の部分がカラフルなのです。
赤・オレンジ・紫・黄色・白など 見た目がカラフルでサラダの色どりにも使用されています。今回は、ベビーリーフとしての利用がよいです。

用意するもの

・スイスチャードの種


ホームセンター、園芸店 で種を用意しましょう。

種コーナーにありますので、お好みの種を探してみて下さい。

・プランター・鉢

100均、ホームセンターで購入できます。

育てる場所にあった大きさのプランターと育てる植物の大きさに適したものを選んでください。 
初心者の方はベビーリーフとして若い葉を楽しむことをお勧めします。

大きくなるとえぐみが出てきますので、若い柔らかい葉を楽しむのが私は好きです。

野菜を育てる際多く利用する長方形のプランターで問題ありません。

もちろん鉢でも大丈夫ですが、成長する大きさを考慮してください。

・用土

野菜用培養土を使用します。元肥が入っていますのでそのまま使用できます。

・鉢底ネット

プランターの底に穴が開いている場合は、鉢底ネットを敷いてください。 
虫の侵入を防ぎます。

・鉢底石

栽培時に用土の水はけ、通気性をよくします。

鉢底石は底が隠れるぐらいで十分です。

水切りネットや洗濯ネットに鉢底石を入れて、鉢底に敷くと便利です。

・その他

スコップ、じょうろ、軍手(園芸用手袋)、筋蒔き用に割りばしや菜箸など。

種まき

1.プランターの底に開いている穴がある場合はに鉢底ネットをを敷いて下さい。

2.次に鉢底石を入れます。この時、入れすぎに注意しましょう。

3.野菜用培養土を7分目ぐらい入れます。

4.今回は筋蒔きで1cm間隔で1箇所に3粒ぐらい撒きます。

割りばしや菜箸などで1cmぐらいの深さの溝を作ると撒きやすいです。

撒いたら種が隠れるように土を寄せます。

5.底から水が出るくらいまで水遣りをします。

種まきはこれで完了です。

発芽するまで土を乾燥しすぎないよう水遣りをします。

置き場所

日中は日の当たるところにおいて下さい。

間引き

込み入ってきたら、間引きして元気なものを残してください。間引きしたものは間引き菜として、サラダやスープなどに食べるとおいしいです。

私は軽く湯がいてそのまま食することが大好きです。野菜本来の味を感じることが出来ます。小さいながらも個々の野菜の味を味わることが出来ます。


追肥

元肥が入っている野菜用培養土ですので、追肥はそれほど必要ないと思います。しかし、生育があまりよくないと感じたときは、液体肥料を与えてください。

液体肥料は、即効性がありますので、効果がすぐに出ます。

収穫

本葉が5~6枚ぐらいになると、茎に色がついています。ベビーリーフとして楽しむ場合はもう少し早めに収穫してください。

若い葉は柔らかく、えぐみもないのでサラダ等にお勧めです。

害虫

温かくなると、アブラムシとナメクジには注意が必要です。

気になるようでしたら、不織布で保護してください。

見た目でも楽しめる野菜のスイスチャード。初心者の方にぜひお勧めしたい野菜です。写真に残して、友人や知人にも自慢できますよ。

気軽に出来るプランター菜園で、自分の好きな野菜を育てる楽しみを味わってください。

シェアする

フォローする

れもん編集

関連記事

NO IMAGE

【プランター家庭菜園】準備するものは?

こんにちは、レモンです。 プランター家庭菜園は、初心者でも気軽にできる「小さな畑」です。 庭がない、畑を借りるほどではないけれど、ちょっ…

記事を読む
【プランター家庭菜園】準備するものは?

今回は家庭菜園をやる気になっている初心者の皆様ちょっといいお話があります。

家の中でも育てることができます。

「プランターを家の中に入れるの?土を家の中に入れるのはちょっと、、、」と思われがちです。

今回は、野菜用培養土を使用しない方法をご紹介します。

バーミキュライトというものを培養土の代わりに使用します。

バーミキュライトって?

バーミキュライトとは、酸化ケイ素、酸化マグネシウム、酸化アルミニウムを主成分とする鉱物です。この原料を高温で焼いたものです。高温で焼いていますので無菌です。


プランター家庭菜園、家の中でも気軽にできる「小さな畑」にお勧めの野菜を紹介します。

準備するもの(用具と種)

初心者の方にお勧めしたいのがベビーリーフの種です。

ベビーリーフは、水菜、サラダ菜、ルッコラ、レタスなど葉物の種がミックスされています。栽培期間も20日~30日と短期間で収穫ができます。若い葉を摘み取りながら収穫します。若いうちに収穫するので初心者でも簡単に育てることができます。

用意するもの

・ベビーリーフの種

ホームセンター、園芸店などの種コーナーにあります。

メーカーによって種の種類が違います。袋のところに種の種類が明記してありますので、お好みのものをお選び下さい。

・水切り切りざるとボール(セットになっているもの)

100均、ホームセンターで購入できます。

今回は、プランターは使用しません。

調理器具の水切りとボールを使用します。水切りざるにバーミキュライトを入れての栽培になります。


水切りとボール は、 100均、ホームセンターで購入できます。

・バーミキュライト

こちらは今回使用するバーミキュライトです。ホームセンター、園芸店でできます。

今回はそれほど入れ物が大きくないので、水切りかごに入る量で充分です。

・鉢底ネット・鉢底石は使用しません。

バーミキュライトは軽く水はけがよいので、鉢底石は必要はありません。

・その他

スコップ、じょうろ(ペットボトル代用可)、軍手(園芸用手袋)など。

種まき

1.水切りざるを上、ボールを下にセットします。下のボールが受け皿になります。

2.次にバーミキュライトを7分目ぐらいまで入れます。

この時、一度、水切りざるを持って下さい。この重さが水がない時の重さになります。おおよそでよいのでこの軽さの感覚を覚えておいて下さい。

水遣りの時に、この重さが役立ちます。

3.☆ポイント☆先に、水遣り

この時に、一度水を底から流れ出るくらいまでかけます。

今回、先に水遣りをするのですが、種まきの後ではバーミキュライトは、通気性が優れているのですが、土と違い、粗い物となります。小さい種が流れないように事前に水を与えます。

この時も水切りざるを持って、水を上げた時の重さを確認してください。先ほどの水をあげていない時との重さの違いがわかります。

4 .今回は「ばら撒き」 です。

種をなるべき重ならないようにボール全体に撒きます。種を撒きましたら軽くバーミキュライトを被せます。

数種類の種が混じっているのでどんなものが発芽するか楽しみです。

5.上にかけたバーミキュライトが湿るくらいに軽く水をあげてください。

種まきはこれで完了です。

害虫

家の中での栽培ですので害虫の被害はほとんどありません。

気になるようでしたら、不織布で保護してください。

追肥

バーミキュライトは、肥料が入っていない状態です。

肥料は必要となります。

発芽までは、肥料は必要ありません。双葉が出揃った頃に液肥を与えてください。その後は成長に合わせて水代わりに与えるのもひとつの手です。

液体肥料は、即効性がありますので、効果がすぐに出ます。

この時期は、成長もゆっくりで、害虫の被害もほとんどありませんので、初心者の方にはお勧めです。初心者の方はここでプランター栽培を経験して次の春そして夏野菜へと進めていくとよいとです。

夏野菜は初心者でもたくさん収穫できる野菜がたくさんあります。

お馴染みのミニトマト、ピーマン、ナスなどなど。

特にニトマトは個人的にはお勧めです。本当にたくさん収穫できるので楽しいです。

春に向けて冬は寒くて外での作業は苦手と思う方も多いでしょう。せっかく、家庭菜園をやる気になっている初心者の皆様ちょっといいお話が

シェアする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする